ミミズコンポスト@岩手県水沢市

 

我が家では平成10年に新築した時、勢いにまかせて電気式生ゴミ処理機も購入したのですが、維持費がとっても大変です。
当時は大きい金額が動いていたので、ちょっと金銭感覚がマヒしていたのかもしれません。
そんなことってありますよね。
 電気式だから当然24時間電気を入れっぱなし状態です。
電気代もバカにならないが、チップの交換購入がこれまた痛い。
なんであんな木クズにちょちょいと菌をばらまいたくらいにして、あのような法外な値段をとるのでしょうか。
儲け過ぎだよあれじゃ。というような憤りの理由で電気式生ゴミ処理機とは縁を切りたいと思っておりました。
 次なる方法をいろいろ探していたのですが、いつだったか、とあるテレビ番組で外国のアルプスだったかとにかく荒れ果てた不毛の地がミミズの力によって緑の楽園に生まれ変わったという番組をおぼろげに思い出し、「ミミズ、養殖」で検索をかけたら、いたんですねぇやってる人達が、もう、ウェブリングまで確立されているじゃありませんか。

比較検討

  ミミズコンポスト 電気式生ゴミ処理機
電気代 タダ 24時間かかる
チップ タダ 3ヶ月に一度2〜3千円で購入
臭い 臭わないらしい 強烈に臭う
処理後 最高品質の肥料となるらしい。 肥料になるが、少し寝かせなければ使えない。
処理物 野菜中心。でも1年くらいして慣れてきたら肉、魚をやってもいいらしい。 肉、魚、野菜なんでもOK
     

というわけで、平成13年4月からボチボチ始めてみました。
ミミズはほとんど近所で捕獲採取しました。

 このほど水沢市では、電気式生ゴミ処理機を購入した場合、その代金の1/3まで補助が出るようになりました。
しかし、シルバー人材センターに委託して、下記の木製フロースルー型のミミコンを作成してもらえば、仮にミミズを購入した場合の代金をいれたとしても、電気式の1/3の補助額で全額まかなえるのではないかと思います。
 役所関係者の方、企画してみませんか、実物が見たかったらいつでもご覧にいれますよ。



↓これが我が家のミミズコンポスト 


makikiさんのHP  のロープスタンド用ミミズ箱の製作要領をそのまま使わせてもらいました。
それにしてもこれはよく考えこまれています
ツーバイフォーの6尺物を無駄なく使い、かつ新聞紙の2つ折り寸法と下部のコンテナ寸法をうまく取り入れています。
簡単なDIYで作成できて、とってもおすすめです。

 

観察日記  平成14年10月3日

給餌一覧表  平成16年8月8日up